歯科人間ドッグ

歯科人間ドッグとは?

あなたの大切なお口の健康を守る、歯科人間ドッグ
歯を健全のまま残すことができます!

歯科人間ドッグの検査方法

基本検査
むし歯・歯周病・お口に関する全身疾患の発見・ガン(口腔・舌)やその前兆・歯磨きを含む生活習慣・噛み合わせ・歯並び・健康知識の確認・その他
検査方法
問診・診察・唾液検査・歯周病検査・軟組織検査(ガン等)・レントゲン撮影・口臭測定・その他

むし歯の診断テスト(唾液検査)

むし歯は、お口の中の細菌や歯の唾液の抵抗力、そして食生活などいろいろな要素が関連して発症します。むし歯のリスクを判定するには、それぞれの要素を把握することが大切です。当院では、治療を始める前に口腔診断をしっかりとおこない、むし歯のチェックシートを患者さんへお渡ししています。

むし歯の診断テスト
  • 食べ物や飲み物の中の糖質から歯を溶かす酸を出し、むし歯を作ります。むし歯菌の量が多いほど、むし歯になるリスクが高いといえます。
  • 食事や間食の回数が多いということは、むし歯菌が酸を作る機会が多いということになります。間食の回数が多いほど、むし歯になるリスクが高いといえます。
  • [抗体]:唾液の中にはむし歯を攻撃する抗体があります。抗体の量が少ない人ほど、むし歯になるリスクが高いといえます。
    [緩衝能]:唾液には、むし歯菌によって作られた酸を中和する緩衝能という働きがあります。緩衝能が低いほど、むし歯になるリスクが高いといえます。

▲ページの先頭へ戻る